2020.06

データ分析・再利用基盤である「LaKeel Data Insight」リリース

2019.10

商号を株式会社ラキールに変更

2019.05

LaKeel DX上で稼働する業務アプリケーション群「LaKeel Apps」である「LaKeel Commerce」リリース

2019.05

デジタルビジネスプラットフォームである「LaKeel DX」リリース

2019.05

本社を東京都港区愛宕へ移転

2019.03

管理体制の強化を目的として、株式会社マーベリックを吸収合併

2018.12

インフラ技術の吸収とリソース強化を目的として、株式会社マーベリックの発行済株式を100%取得し、同社と同社子会社株式会社ZESTを完全子会社化

2018.03

LAI HOLDING株式会社を存続会社として旧株式会社レジェンド・アプリケーションズを吸収合併し、商号を株式会社レジェンド・アプリケーションズに変更

2017.11

経営陣によるMBOにより旧株式会社レジェンド・アプリケーションズの全株式の買取実施

2017.10

株式会社ワークスアプリケーションズからのマネジメント・バイアウト(MBO)を目的として、LAI HOLDING株式会社を設立

2016.05

本社を東京都港区赤坂へ移転

2013.09

BIツールである「LaKeel BI」リリース

2012.08

メッセージングツールである「LaKeel Instant Messenger(現LaKeel Messenger)」リリース

2011.09

旧株式会社レジェンド・アプリケーションズが株式会社ワークスアプリケーションズの子会社である株式会社ワークスソリューションズと吸収分割により事業統合

2011.09

株式会社ワークスアプリケーションズが、株式譲渡により、旧株式会社レジェンド・アプリケーションズ株式の100%を保有し同社の親会社となる

2011.02

本社を東京都港区虎ノ門へ移転

2005.09

子会社マネジメント・バイアウト(MBO)を目的として、株式会社イーシー・ワンよりEC-One China Holding, Inc.(現 Legend Applications China Holding, Inc.)の発行済株式を74.3%取得し子会社化

2005.06

東京都中央区に株式会社レジェンド・アプリケーションズ(旧株式会社レジェンド・アプリケーションズ)を設立(資本金12,000千円)